違法か合法かの議論の前提は?

オンラインカジノ(外国にサーバーがあるもの)でプレーをすることが違法か合法かとの議論を進めるためには…

  • 刑法の場所的適用範囲
  • 必要的共犯の議論
  • 刑法の185条、186条

の知識が必要になるらしいです。

ネットや図書館でチョット調べてとはいきそうにありません。
自分は、知り合いの話し好きの弁護士に説明してもらいましたが、
問題点を理解しているかは、定かではありません。

オンラインカジノでプレーするのに、そこまですのはバカバカしいと考えることが正常であると思います。

その一方で、強いギャンブラーの中には、細部に拘り、細部を調べ挙げるタイプが意外と多いので、参考のために議論の前提となる(らしい)知識を紹介させて頂きました。

カジノのライセンスとプレーヤーの合法性・違法性

「あえて言うまでもないこと」とのお叱りを頂く覚悟で申し上げると、外国のオンラインカジノ(インターネットカジノ)が、外国でライセンスを受けていることと、そのカジノで日本人がプレーすることが合法であるか違法であるかとの議論は、全く別であることを確認しておきたいと思います。

カジノ等を開設することが法律で禁止されていたり、特別の許可がなければ(ライセンスを取得していなければ)カジノを開設できない国において、そのオンラインカジノがライセンスを受けていることは、そのオンラインカジノが所謂、アングラ、ヤミのカジノではなく、国家から正式に認められたカジノであることを示しているに過ぎません。
そして、カジノがライセンスを受けていれば、その国の国民が、その国で そのオンラインカジノでプレーすることは、一般に合法となると考えられます。

しかしながら、そのオンラインカジノで、外国である日本から、外国人である日本人がプレーすることが、例えは日本の法律において合法であるか、違法であるとは、全く別の問題です。

極めて当たり前のことです。

にもかかわらず、議論をすり替えて、日本人が外国のオンラインカジノでプレーすることが合法であることの根拠として、そのカジノがライセンスを受けていることを挙げる論調が散見されます。これの議論のすり替えは誰もが分かっているもの、オンラインカジノでプレーするに際しての安心材料が欲しいとの気持ちの現われであるのでしょう。

確かに、入金や出金が適正になされるであろうとか、ゲームにおいて不正がなされる危険がないであろうとかのとの意味で、ライセンスを受けているカジノは安心です。

しかしながら、そのカジノがライセンスを受けていることと、日本人がそのカジノでプレーすることの違法であるかの議論とは別であることを、ここであえて確認しておきたいと思います。

この点、ホームページ等で、上述の議論のすり替えをしているしているオンラインカジノもあるようです
その一方で、ホームページにおいて、そのカジノがライセンスを受けていることを、あくまでカジノの信頼を示すものであることを示す材料として示しているオンラインカジノもあります。
例えば、日本人に人気のジパングカジノでは、ジパングカジノがライセンスを受けていることを、ジパングカジノの信頼性を示す材料として示しています。

子供だましの議論のすり替えをしているカジノは、イロイロと騙されるような気がしていチョットいやです…
安心してプレーするためにも、オンラインカジノは、細かい点においても公正であって欲しいものです。

本当は怖いオンラインカジノの麻雀。

現金をかけて勝負ができるオンライン麻雀であって、外国にサーバーがあるオンラインカジノで、日本人が日本からプレーをすることは、合法なのか違法なのか? 麻雀好きの自分としては、気になるところです。

この点、残念ながら、現金をかけて勝負ができるオンライン麻雀であって、外国にサーバーがあるオンラインカジノで、日本人が日本からプレーをすることは、ルーレット、スロットマシン等を外国のオンラインカジノでプレーする以上に違法であるとの判断がなされやすいと考えています。

その理由は、オンラインカジノで麻雀をするプレーヤーの割合として、日本人の割合が圧倒的に多く、オンラインカジノで卓を囲んでいる4人、又は3人の全員が日本人であるとのケースが多々あるからです。

オンラインカジノで卓を囲んでいる4人、又は3人の全員が日本人で、しかも全員が日本からプレーしているとすると…
これって、 日本のどこかで、友達が4人、又は3人が集まって賭け麻雀をしているのと全く変わらないと評価ができるのではないでしょうか?

いうならは、4人のプレーヤーは、日本にいるものの、麻雀卓は外国、又はバーチャルな空間にあるイメージです。
こうなると、もはやサーバーが外国にあるから云々との議論は、吹っ飛んでしまうように思われます。

もっとも、フリーの雀荘が駅前で堂々と営業しているところを見ると、一般的なレートでの賭け麻雀は、違法であるとの評価を受けないのかもしれません(想像です、調べていません。鵜呑みにしないでください)。
そして、オンラインカジノにおける麻雀のサイトが、リアルマネー(現金)でガチな勝負ができるとのキャンペーンをしている割には、麻雀は、それほどの金額は動かないのです。これは、ポーカーのように金額そのものが勝負の駆け引きの材料となっていて、金額を上げて相手を下ろすとの要素が麻雀にはないからです。

とすると、オンラインカジノの麻雀は、社会的相当性の範囲で問題がないのではないか…とホノカな期待をしてしまいます。

オンラインカジノは、あくまで大人の遊びです。
やるかやらないかは、御自身で判断して決めてください。

ちなみに、自分は、日本語のサポートがあり、麻雀ができるオンラインカジノは一つしか知りません。
「ドラ麻雀」です。
自分が知らないだけで、「ドラ麻雀」以外にも 日本語のサポートがあり、麻雀ができるオンラインカジノがあるかも知れません。