カジノのライセンスとプレーヤーの合法性・違法性


「あえて言うまでもないこと」とのお叱りを頂く覚悟で申し上げると、外国のオンラインカジノ(インターネットカジノ)が、外国でライセンスを受けていることと、そのカジノで日本人がプレーすることが合法であるか違法であるかとの議論は、全く別であることを確認しておきたいと思います。

カジノ等を開設することが法律で禁止されていたり、特別の許可がなければ(ライセンスを取得していなければ)カジノを開設できない国において、そのオンラインカジノがライセンスを受けていることは、そのオンラインカジノが所謂、アングラ、ヤミのカジノではなく、国家から正式に認められたカジノであることを示しているに過ぎません。
そして、カジノがライセンスを受けていれば、その国の国民が、その国で そのオンラインカジノでプレーすることは、一般に合法となると考えられます。

しかしながら、そのオンラインカジノで、外国である日本から、外国人である日本人がプレーすることが、例えは日本の法律において合法であるか、違法であるとは、全く別の問題です。

極めて当たり前のことです。

にもかかわらず、議論をすり替えて、日本人が外国のオンラインカジノでプレーすることが合法であることの根拠として、そのカジノがライセンスを受けていることを挙げる論調が散見されます。これの議論のすり替えは誰もが分かっているもの、オンラインカジノでプレーするに際しての安心材料が欲しいとの気持ちの現われであるのでしょう。

確かに、入金や出金が適正になされるであろうとか、ゲームにおいて不正がなされる危険がないであろうとかのとの意味で、ライセンスを受けているカジノは安心です。

しかしながら、そのカジノがライセンスを受けていることと、日本人がそのカジノでプレーすることの違法であるかの議論とは別であることを、ここであえて確認しておきたいと思います。

この点、ホームページ等で、上述の議論のすり替えをしているしているオンラインカジノもあるようです
その一方で、ホームページにおいて、そのカジノがライセンスを受けていることを、あくまでカジノの信頼を示すものであることを示す材料として示しているオンラインカジノもあります。
例えば、日本人に人気のジパングカジノでは、ジパングカジノがライセンスを受けていることを、ジパングカジノの信頼性を示す材料として示しています。

子供だましの議論のすり替えをしているカジノは、イロイロと騙されるような気がしていチョットいやです…
安心してプレーするためにも、オンラインカジノは、細かい点においても公正であって欲しいものです。